駐車場の種類について

subpage-img

駐車場には、毎月費用を支払って借りる月極めや、時間単位で料金を支払う時間貸しなどの駐車場があります。月極めは、賃貸物件などに住んでいて、車を停めるスペースがない人が借りたり、会社などで、営業車を停めるために借りたりしていることが多いようです。

時間貸しの駐車場は、買い物やレジャーなど、一時的に駐車する時に利用されます。

最近では、機械を導入した無人のコインパーキングなどが多く見られるようになりました。

駐車場の最新情報を掲載しています。

駐車場を形態で分類すると、平面式と立体式に分けることができます。平面とは、敷地にそのまま駐車する形態のものです。

立体は、ビルのように、複数階フロアがあり、その全てが駐車スペースになっているものです。平面式のメリットは、つくる時に費用がかからないことがあります。


立体式のメリットは、数多くの車を停めることができるということがあります。都心に近い大型商業施設などでは、限られたスペースにできるだけ多くの車が停められるように、立体式を導入しているケースが多く見られます。



また、立体式はさらに、自分で上の階まで走行していく自走式と、機械でエレベーターのように車を上まで運ぶタワーパーキングがあります。

タワーパーキングは自走式に比べて、さらに狭い土地でも多くの車を停めることができるのがメリットですが、機械のメンテナンスなど、導入や維持に費用がかかるのがデメリットとなります。駅の近くなど、利益が確実に見込める場所などでは、タワーパーキングなども多く見ることができます。



top