駐車場の費用を圧縮する

subpage-img

クルマの維持費として駐車場を借りている人が、費用を圧縮するにはどのような方法があるか考えてみました。

駐車場情報収集ができます。

とくに都市部でマンション暮らしの人であれば、駐車場に支払う費用は高く、3万円程度は最低であると考えられます。



私自身も震災後の神戸市で駐車場を借りていましたが、三ノ宮周辺で、屋根付きであれば、3万円以下は皆無で、青空駐車でも、2万円以上は当たり前でした。とくに震災後は、駐車スペースが乏しく高くても借りるという人がほとんどであるため、それを理由に高くする駐車場の貸主や不動産会社が多く、もっとも高いところでは5万円を超えるところもあったくらいです。

しかしながら、震災復興と共に整備が進むと、借りる側も馬鹿では無いため、条件の良いところに移ることが多くなりました。



さらには、コインパーキングが多くなったことで、工夫する人も増えました。
復興が早かった三宮で、コインパーキングが増えだすと、駐車料金の価格競争が起こり、多少場所が悪いところでは、ほとんど変わらぬ立地でも夜間は300円から400円程度で貸すところが多く、契約駐車場を解約し、地元の友人で自宅に駐車スペースがある人に車庫を借りているということの証明でもある車高証明の届け出にサインと位置の書き込みを頼み、事実上の駐車スペース確保をしました。

駐車は、良く利用するスーパーのコインパーキングで預け、1日300円の負担と休日の半分は一日であり、その時はスーパー利用で4時間無料などを上手く使い、1万5千円程度で済むようになりました。


本来、この方法が良いわけではなく、200メートル以内で少し離れた場所の安いところを借りることや、パーキングありのお値打ち物件を探すなどの方法があり、様々な工夫をして費用を抑えることが良いと考えられます。

top