駐車場の設置について

subpage-img

駐車場を運営する際に、まず必要なのは土地になります。

駐車場の情報を探すならこちらです。

土地については、一台あたりに必要な土地の広さの目安は、7坪です。



場所によっては、小規模であってもサイドビジネスとして成功させることができます。


駐車場の運営の仕方は、自己経営と、専門業者への運営委託をする方法があり、自己経営は土地のオーナーが自己資金を用意して、設置から運営まで自分で行います。

想定どおりに運営することができれば、比較的高収入を見込むことはできますが、機械の設置や収支計画の策定や利用促進、巡回や保守点検、防犯対策やトラブル対応まで業務が多いので、専門知識を有する人でないと務まりません。



次に、運営委託をする場合には、土地のオーナーが法人に土地を貸して、賃料を毎月受け取る形になります。


収支率は下がる可能性はあるものの、自分で資金を用意したりする必要はなく、運営の全てを委託会社にやってもらうことができ、一括化利上げ方式の場合には利用状況に関わらず安定した収入を得ることができます。
また、駐車場のタイプにも種類があります。


土地の広さや周辺環境を考慮して、どれを経営するのが一番よいのか考える必要があります。

平地に駐車枠を引いた平面に駐車するタイプは、初期コストも低く抑えられて、人件費などの維持コストも抑えることができ、時間貸しに適しております。


次に、土地の面積が少なくても多くの車を収容することができる、立体は、反面、設置費用が大きく、有人での運営になるので、本格的に取り込む場合にはお勧めです。
月極めは、一ヶ月毎の賃料を受け取ることになります。

安定して借り手がつけば収入も入りますが、借り手が減った場合には経営が厳しくなってしまいます。

さまざまな形式の中から、自分の土地にあった駐車場を設置することが大切です。

top